トップ

招待状を送るマナーについて

招待状を送るマナー

結婚式招待状の最終チェック

結婚式の招待状を発送する前に注意すべき点をおさらいしましょう。招待状の文章に「、」や「。」といったいわゆる句読点はありませんか。おめでたい結婚式では区切る記号である句読点は縁起が悪いとされ、二人の関係が続くようにわざと句読点は入れません。返信用のハガキに慶事用切手は貼ってありますか。これを忘れると当然相手が切手代を払うことになり当然失礼なことです。もう一度確認しましょう。次に封筒です。あて先は間違っていませんか。送り先の相手のお名前は合っていますか。宛名を間違えては失礼です。何度も確認しましょう。親戚であれば親にダブルチェックしてもらうと安心です。封筒の重さにより切手代が変わります、郵便局に持って行き慶事用切手を購入しましょう。相手に失礼とならないよう最終チェックは抜かりなく。

挙式の招待状で注意すべき点

結婚式をする際にまず、招待状を送りますがその際注意すべき事が何点かあります。一つは、2ヶ月前には発送するのがマナーです。遅くとも1ヶ月前までには送りましょう。また、何も言わずに送る事はマナー違反です。結婚式に出席してもらえるか先に確認を取ります。次に、招待客に夫婦や家族で出席してもらいたい場合の宛名は連名で書きますが全員の名前に様をつけます。分かるなら、ご令室様やご子息様ではなく名前で書きましょう。最後に差出人ですが、披露宴の主催者の名前で送ります。本来は、両家の親ですが今は本人達の名前にするケースが多いです。本人達がお金を出すなら自分達の名前にし、文面はやや平易にまとめる様にしましょう。また、スピーチや余興を依頼する場合は別の紙に一言添えて同封もしくは、招待状より先に送るとより丁寧です。

↑PAGE TOP