トップ / 婚約指輪とプロポーズ

婚約指輪とプロポーズ

婚約指輪とは何か

婚約指輪ってどういうもの

結婚に関する指輪には2種類あります。ひとつは、婚約指輪でもうひとつは結婚指輪です。結婚指輪は結婚式のときに、新郎と新婦で交換するもので、それからの生活でいつも身に着けるものです。いっぽうで婚約指輪はその名のとおり、婚約をした証に男性から女性にだけ贈られるものです。結婚指輪は日常生活で身に着けるのでシンプルなデザインが多いのですが、婚約の場合の指輪はダイヤモンドなどがついていることがほとんどです。結納の場やプロポーズのときに渡したりします。女性は指輪のお返しにスーツや時計をプレゼントします。

結婚指輪は永遠の愛と絆の約束に

結婚指輪は、二人の愛の証、永遠の絆を約束する為に贈る物とされています。日本で本格的に普及しし始めたのは昭和の中頃と言われています。古くは古代ローマ時代にはじまり当時は貝や鉄などで出来た丸い物を交換していたと思われています。また、結婚指輪を左の薬指にはめるのは左の薬指が心臓に一番近い思われていた事と薬指には名前の通り病気や怪我を治す力が有ると信じられていた事に由来すると思われます。今では二人の永遠の愛と絆を約束する為には欠かせない物と成っています。

↑PAGE TOP