トップ / 招待状の書き方のマナーについて

招待状の書き方のマナーについて

招待状の書き方の注意

結婚式の招待状の書き方

結婚式の招待状は、差出人の名義で書き方が変わってきます。両家の親が差出人の場合は、改まった格式高い文章にするのがマナーです。句読は、打ちません。句読点を付ける所は一字あけにします。本人たちが差出人の場合は、親の場合ほど改まる必要はありません。句読点を使い、親しみやすい感じをだして書きます。会費制披露宴の場合は、第三者が祝宴を開くため、新郎新婦に敬称をつけます。招待状の文面は、通常のパーティ案内状のようなカジュアルなものにします。送る側に一言伝えたうえで、結婚式の2ヶ月前までに送るようにしましょう。

披露宴の招待状の書き方

結婚が決まり、披露宴の日取りが決まったら招待状を用意しますが披露宴の遅くても2ヶ月前には発送するように準備し、返信期日までに余裕を持って日程調整できるようにしましょう。差出人の名義は親や新郎新婦、連名など両家の考え方や招待する方によって適切な名義で出すようにしましょう。また招待状の書き方は基本的に毛筆です。手書きや印刷などかかる費用や手間などによって自分たちにあった方法を選ぶようにすると良いです。自分たちの結婚のために時間を作っていただくのですから、招待する方の住所やお名前、会社名や肩書きなども間違いのないようしっかりと確認するようにしましょう。

↑PAGE TOP