トップ / 招待状の手渡しの仕方について

招待状の手渡しの仕方について

招待状は手渡しで

招待状を手渡しする際の注意点

現在では結婚式の招待状を郵送にするケースが増えていますが、普段会う機会のある方なら手渡しするのがマナーです。直接渡す場合の注意点としては「封筒には相手の住所を書かず氏名のみ書く」という事です。相手の住所が入っていると「送る予定だったけどたまたま会う機会があったので直接渡します。」という意味に受け取られ、失礼にあたるのです。手渡しした場合にも、同封している出欠確認用のはがきには切手を貼らなければいけません。結婚の準備の関係上、返事を早く知りたいというのは分かりますが、即答するものではなく相手の都合に合わせるのがマナーだからです。

招待状を手渡しする際の注意

結婚式の招待状は郵送で一律に送付すればよいというものではありません。少なくとも日頃からお世話になっている親戚や、学校時代の恩師、スピーチや余興を頼みたい友人などには手渡しするべきです。また職場の上司や同僚に対しても、日頃から顔を併せているのですから、郵送ではなく直接渡すのがふさわしいといえます。郵送する場合は事前に連絡を取るようにしましょう。結婚式の招待状を手渡しする際の注意点ですが、目上の人を訪問する際にはフォーマルな服装をしていくという点が挙げられます。友人に対しては服装まで正式にする必要はないですが、手渡す際にはかしこまった態度で、きちんと招待の辞を述べることが大切です。

↑PAGE TOP