トップ / 結婚に際して大切な指輪

結婚に際して大切な指輪

特別な婚約指輪とは

婚約指輪はどういうもの

結婚に際しては、2種類の指輪を用意します。ひとつは婚約指輪で、もうひとつは結婚指輪です。婚約指輪は、男性がプロポーズをして婚約をした証として女性に贈るもので、プロポーズのときに渡したり、正式な結納の場で渡したりします。昔は、給料の3か月分の値段の指輪を贈るものとされていましたが、最近では相場はおよそ20万から40万円程度です。結婚指輪は日常生活でもはめるために、シンプルなデザインのものが多いのですが、エンゲージの場合には一粒の大きなダイヤモンドなど宝石がついていることが多くあります。

結婚指輪を選ぶならば

いざ結婚しようと決めて、結婚指輪を買いましょうということになっても、迷うひとも多いでしょう。デザインもいろいろあるし、値段もピンからキリまであります。デザインは、シンプルなデザインが人気なようです。シンプルなほうが、相手の男性とも合わせやすいようです。値段は、おおよそ10万円ぐらいのものを選ぶひとが多いようです。中には、指輪にお金をかける人も増えてきているみたいです。結婚とは一生のうちで大事な出来事で、結婚指輪も大切なものです。後悔することなくその人に合ったものを選んだほうがいいでしょう。

↑PAGE TOP